ヒゲ脱毛は施術を受けた直後にヒゲが抜け落ちるわけではありません。施術を受け、ヒゲが自然に抜け落ちるまではある程度の時間(期間)を有します。

ここでは施術後にヒゲが自然脱毛するまでの流れと施術後の泥棒ヒゲ期間の対策方法を紹介します。

脱毛後ヒゲが抜け落ちるまでの時間(期間)

まず、施術後の脱毛までの流れを紹介すると以下のようになります。

施術(毛母細胞を破壊・ヒゲが抜けやすくなる)→数日後から自然に脱毛が始まる→全部抜けるのに数週間程度

つまり、施術を受け、レーザーや光で毛母細胞を破壊できていれば毛根は死滅し、ヒゲは抜けやすくなっています。後は、そのヒゲが皮膚から排出されるまでに数日~1週間程度かかるわけです。

長い場合は全て抜け落ちるまでに3週間程度かかる場合もありますが、抜ける毛から徐々に抜けて行くので1~2週間もすれば施術後の泥棒ヒゲが酷い場合でも気にならなくなるはずです。

管理人の場合は2週間頃から抜け始め、3週経つ頃にはほとんどのヒゲが抜け落ちていました。

自然に抜けるまで待たなければいけないの?

ヒゲ脱毛前に理解しておきたいこととして、施術後の泥棒ヒゲの問題があります。

泥棒ヒゲについては「泥棒ヒゲ|ヒゲの種類」でもお伝えしていますが、術後に施術の影響で一時的に一定期間従来よりもヒゲが濃く見える現象です。

この泥棒ヒゲが酷い場合は自然に抜け落ちるまで待つのがツラい場合もあります。

施術後は自然にヒゲが脱毛するまでは髭剃りなどにより凌ぐのが一般的です。

髭剃り自体も一般的にはヒゲが柔らかくなっている分剃りやすくなっています(脱毛後のヒゲは毛根が破壊されているため、柔らかくなっています)。しかし、ヒゲは剃りやすくなっているのですが熱膨張により断面積が増しているため、沿っても沿っても黒く、濃く見え、いつもと比べると剃り残しをしているように感じてしまいます。

この場合はヒゲをピンセット(毛抜き)でつまんで軽く引っ張ることで簡単に抜くことも可能です。

施術後にヒゲを抜いてもいいのか?

施術を受けた後のヒゲは抜けやすく、ピンセットでつまみ、軽く引っ張るだけで本当に簡単に抜けます。

しかし「ヒゲを抜いていいのか?」と疑問に思う方も多いと思いますが「力を入れずに抜けるヒゲ」に関しては別に抜いても左程問題はありません。引っ張った時に抵抗があるヒゲについては抜かない方がいいです。

施術により処理されたヒゲは本当にまったくと言っていいほど力をかけずに「スルッ」と抜けるので通常のヒゲと施術を受けた後のヒゲの違いは一目瞭然です。心配な場合は自然に抜け落ちるのを待つのが賢明ですが、数日後にはつまめば簡単に抜けるので施術後の泥棒ヒゲが気になるという方は一本一本丁寧に抜いていくのも良いでしょう。施術を受ける範囲にもよりますが、結構手間はかかるので頑張ってください。

ただし、ヒゲを抜けばヒゲが生えていた箇所には目に見えない小さな穴(毛穴)が空くことになります。無理矢理抜くと毛穴を痛めたり、肌を清潔に保たなければ膿みやニキビなどができる原因にもなるので抜くのであれば肌ケアを欠かさずに行うことも重要です。抜ける毛は抜いても問題ないですが、できるだけ抜かないようにした方が良いのには変わりません。

泥棒ヒゲは自分が思っている程目立たない

私の場合、泥棒ヒゲが結構目立っていたので施術後数日間はマスクをつけ、極力ヒゲの濃い部分が見えない様に対策はしていました。

しかし、友人や周りの人から見れば変化がわからず、普通に「ヒゲ脱毛してヒゲが濃く見えるんだよね」っと伝えた上でまじまじと見られても「違いがわからない」と言われていました。

自分のことは結構気になるものですが、周りの人は自分が思っている以上に他人に興味がないことも痛感しました。なので自分では泥棒ヒゲが気になる場合もあると思いますが、傍から見ればあまりわからないというのが本当のところです。

ただし、初対面の人に会う機会の多い仕事、例えば営業職などは不安に思う方も多いと思います。泥棒ヒゲの隠し方、対策方法は「 」でも様々な方法をまとめていますので参考にしてみてください。