ヒゲ脱毛でヒゲ(無精ヒゲ・青髭など)の悩みは解消できるのか?どんなヒゲの悩みに効果があるのか?そんなヒゲ脱毛で解消できるヒゲの悩みについてまとめました。

見た目、手間、肌について悩みを抱えているのであればヒゲ脱毛で解決できるかもしれません。

ヒゲ脱毛の脱毛効果について

ヒゲ脱毛は文字通りヒゲを脱毛する施術です。そのため、ヒゲを生えなくすることで解決できる悩みのほとんどは解消できます。

青髭への効果

青髭の原因については「青髭|ヒゲの種類」でもお伝えしていますが、ヒゲが濃い人や肌の白い人はヒゲを剃る度に皮膚とヒゲの関係によってヒゲが青黒く見えてしまいます。

剃って埋没しているヒゲが皮膚を通して青く見えるのが青髭なのでヒゲを抜いてしまわなければ解消できる問題ではありません。ピンセット(毛抜き)で抜くことで解消できますがその場合の効果はあくまでも一時的です。抜毛により毛穴に雑菌が入れば膿なども心配です。

ヒゲの永久脱毛であれば今後ヒゲが生えてくることがなくなるため、青髭の悩みは解消できます。

無精ヒゲへの効果

無精ヒゲはいわゆる手入れのされていない手入れ不足のヒゲのことですが、ヒゲの濃い人や伸びるのが早い人であれば朝剃って昼過ぎには無精ヒゲが目立ち始める方もいます。

ヒゲ脱毛でヒゲを生えなくしてしまえば当然無精ヒゲの悩みは解消できますし、施術によりヒゲを軟毛化できればヒゲは薄くなり目立たなくなりますし、本数自体を減らすことで目立ちにくくすることも可能です。

無精ヒゲなど、ヒゲの伸びるスピードに悩んでいる人にもヒゲ脱毛は効果的です。

泥棒ヒゲへの効果

泥棒ヒゲはテレビやアニメなどで見る、口周りに濃いヒゲが生えた状態のことを言いますが、ヒゲの濃い人に比較的見られやすいヒゲです。特に無精ヒゲのように手入れがされておらず数日放っておくとこの泥棒ヒゲっぽくなってしまう方も多いです。

青髭や無精ヒゲ同様にヒゲ脱毛をすればヒゲ自体がなくなりますし、薄くなるので泥棒ヒゲというほど濃いヒゲではなくなり悩みを解消できるはずです。ヒゲ脱毛で完全に脱毛しなくても薄くする程度でも十分な効果が得られます。

これら「青髭」「無精ヒゲ」「泥棒ヒゲ」ほか、ヒゲの名称や種類については「ヒゲの種類・名称・豆知識」でまとめてありますので気になる場合は合わせてチェックしてみてください。

その他ヒゲの悩みへの効果

青髭、無精ヒゲ、泥棒ヒゲなど見た目に関する悩みだけでなく、それ以外にも髭剃りの手間や肌荒れへのケアという意味でもヒゲ脱毛は効果が得られます。

ヒゲ脱毛を受ける方の多くにサラリーマンとして会社勤めで働く方がいます。サラリーマンは会社や部署、職種によってはヒゲはご法度のところもあり、毎朝の髭剃りがかかせないという方も多いです。また、ヒゲの有無は人への印象も左右しやすいです。

毎日朝早くから働き続けるサラリーマンにとっては朝の数分~数十分の髭剃り時間はできるなら短縮したいものです。この毎朝の手間、外出前の手間を解消することができるのもヒゲ脱毛です。

また、手間だけでなく、ヒゲ脱毛によりヒゲが抜け、生えてこなくなれば毛穴は閉じていきます。毛穴が塞がれば肌が引き締まるため、キュッと引き締まった肌が手に入ります。

また、髭剃りなどにより肌を痛めることもないため、肌荒れの心配も少なくなります。

このように見た目だけでなく、手間や肌にも好影響を与えてくれるのがヒゲ脱毛です。

まとめ

少し似たようなことの繰り返しのような効果の説明になってしまいましたが要はヒゲ脱毛をするとヒゲ自体が薄くなったり、なくなったりするため、今「ヒゲが生えている」ことで起きている問題や手間などはヒゲがなくなることでほとんど解消することができるということです。

ヒゲの見た目、手間、肌荒れなどで悩んでいる方にとっては非常にメリットの多い脱毛施術になるはずです。ただし、施術を受ければヒゲは生えにくくなるので今後ヒゲを生やしたいという方は慎重に考えることも必要です。
ヒゲ脱毛のメリット・デメリットを比較

日本人では生やしている人の少ない頬のヒゲやヒゲのデザインを損ねる無駄な部分のヒゲなどはデザインを考慮しながら脱毛を行うこともできるのでヒゲのムダ毛脱毛も効果的です。

全部をなくすだけがヒゲ脱毛ではないのでヒゲの中でも無駄な部分だけを脱毛するのもよい考え方ではないかと思います。
ヒゲ脱毛口コミ体験談