ヒゲ脱毛とは読んで字の如く「ヒゲ(毛)を脱く(ぬく)」ことを指します。
脱毛にも色々あり、クリニックや病院での脱毛、エステサロンでの脱毛、自分で毛抜きを使って毛を抜くのも脱毛と言えますが、一般的にはクリニックや病院などの医療機関ほか、脱毛エステなどで施術を受けて脱毛することをヒゲ脱毛と呼ぶことが多いです。

当サイトでも「ヒゲ脱毛」はクリニックや病院、エステサロンでの脱毛のことを指しています。

どこで受けられるの?

クリニックや病院などの医療機関をはじめ、エステサロン(エステやサロン)でもヒゲ脱毛を受けることができます。

ただし、クリニックや病院などの医療機関とエステサロンの脱毛とでは使う脱毛機や万が一のトラブル時のフォローに大きな違いがあります。

大きな違いを一点挙げるのであれば「医療行為」の有無です。医療行為を行うには免許・資格が必要になります。

クリニックの場合

クリニックや病院は医療機関なので出力の高いレーザー脱毛機を使えますし、施術中は痛みが強ければ麻酔の使用も可能です。万が一施術後に肌トラブルが起きた場合でも診断や薬の処方など医学的なケアを受けることができます。

エステサロンの場合

一方でエステサロンは医療機関ではないため、出力の高い脱毛機は使えないため脱毛の効果は落ち、施術期間や回数は間延びします。出力が低い分痛みもなく、麻酔の必要や施術後の肌トラブルも少ないですが、効率の面で言えば医療機関での脱毛に劣ります。また、医療機関ではないため、万が一のトラブル時に医療行為ができないため、提携クリニックほか紹介される病院を受診することになり、二度手間になりやすいデメリットはあります。

ヒゲ脱毛ってどんな方法なの?

ヒゲ脱毛と言えばどんなイメージを持たれますか?
今あるヒゲを一時的に脱毛するのか?もしくは永久的に生えてこなくするのか?

人によってどちらのイメージも持たれると思いますが、一般的にはクリニックや病院ほか、エステサロンで受けるヒゲ脱毛は永久脱毛、または永久的な脱毛を視野に入れた脱毛をするのが一般的です。

ピンセットなどを使い自分で毛を抜く、いわゆる抜毛(ばつもう)はただ毛を引っこ抜いているだけなので永久的な脱毛効果はなく、あくまでも今生えている分だけを引っこ抜いたに過ぎません。

クリニックやエステサロンでの脱毛はレーザーや光によって毛根組織などを破壊し、毛を生えなく(生えにくく)する施術です。毛の再生や成長の要となる毛根組織など(最近ではバルジ破壊などもあります)破壊することで毛が生えてこなくなったり、一度の施術で生えなくなるまではいかなくとも毛がダメージを受け、細く(薄く)なります。

なぜ生えてくる毛もあるの?

レーザー脱毛や光脱毛にも施術を受ける頃合いというものがあり、従来の脱毛機では成長期のヒゲにしか効果がないと言われています。また、ヒゲの密度が高い箇所ではヒゲ一本一本に照射した光が届きにくいなど様々な理由によって一度の施術では完全な脱毛効果が得られない箇所もあります。

また、「ヒゲとは?」でも解説していますが、ヒゲは今現在表面に見えている毛は顔全体にあるヒゲの70%程度だと言われています。ヒゲ脱毛は主に成長期のヒゲ(今目に見えているヒゲ)に対して効果があるため、まだ皮膚下で眠っているヒゲやこれから生えてくる準備をしているヒゲに関しては効果はありません。

そのため、繰り返しの施術が必要になります。

イメージとしては、以下の図のように何度も施術を行うことで段階的にヒゲを薄くしていくイメージを持たれると良いでしょう。完全にツルツルなレベルまで脱毛しようと思うと2年程度の時間は必要になります。

□ヒゲが細くなっていくイメージ

ヒゲ脱毛の歴史と変遷

ヒゲ脱毛の歴史は古く、レーザー自体は1960年にアメリカの科学者によって発明され、それ以降様々な分野に活用されています。

元々美容業界ではホクロやシミ、あざなどにレーザーを照射し、色素を取り除く施術を行っていましたが、その過程で脱毛効果が得られることがわかり、アメリカで研究開発が進み、レーザー脱毛機が誕生しました。

最初の脱毛機はアメリカで開発されていたため、白人仕様に開発されたもので日本人(黄色人種)が利用するには適切ではありませんでした。その後日本人にも使えるレーザー脱毛機の開発が進められ、1997年に日本でもレーザー脱毛が行われるようになりました。
日本人は白人と比べ肌の色が濃いので白人用は火傷の危険性があった

その後脱毛が話題となり、1999年頃から大手の参入もあり、日本のエステ市場が拡大し、エステサロンが流行、出店ブームが起こるものの、トラブル(火傷や裂傷、色素沈着など)が相次ぎ、高額な医療ローン、解約トラブルが頻発し、大きな社会問題となりました。

結果として、平成12年11月16日に「レーザー脱毛は医療行為である」と定められ、医療行為の可能なクリニックや病院でしかレーザー脱毛は受けられなくなっています。
また、厚生省では「毛乳頭や皮脂腺開口部を破壊する」ことを脱毛の定義としています。

こうした見解はエステサロンでの脱毛トラブルが多発してのことなので医療と言われる脱毛は、免許や資格を持つ安全で脱毛後のアフターケアが行き届いている機関・施設で受けた方が良いでしょう。

近年の傾向・トレンドは?

近年は「脱毛は女性がするもの」という既成概念もなくなりつつあり、男性でもヒゲ脱毛を含む全身の脱毛を行う方も増えていると言われています。

事実大手クリニックなどではメンズ美容やメンズ脱毛などの名称を掲げ、男性の脱毛を推進しています。クリニックによってはメンズ脱毛専用のところも誕生しています。

このメンズ脱毛の中でもヒゲ脱毛は人気が高く、多くのクリニックで人気No.1、または上位に位置する施術です。サラリーマンの方はわかると思いますが、毎朝の数分の髭剃りが面倒で、急げばカミソリ負けをしたり、前日夜に剃れば夕方にはヒゲが青くなったり……。青髭に悩む人であれば女性の反応も気になるところです。

ヒゲを生やすことでヒゲのわずらわしさはごまかすこともできますが、仕事によっては生やしにくいものがあったり、万人がヒゲに良いイメージを持っているわけではありません。

ヒゲもファッションの一部なのでヒゲを生やして手間を解消したり、青髭を隠すこともできますが、生やしたくない、生やす予定もないという方はヒゲ脱毛は1日数分~数十分の手間が半永久的になくなる施術なので非常に効果・効率が良く人気の脱毛になっています。

見た目のコンプレックスの解消だけでなく、時間的なコストも削減できる施術のため、人気も出てきており、今後増々ヒゲ脱毛は一般的なものになっていくでしょう。

近年ではこれまでの脱毛と作用機序の異なるバルジ破壊による脱毛など「痛くない脱毛(機)」も登場し、脱毛がより身近なものになってきています。