大手有名ヒゲ脱毛クリニック(湘南美容外科クリニックとゴリラクリニック)にてヒゲ脱毛を受けた私たちの体験談や複数院のカウンセリングを受けて決めた、決め手となったクリニック選びのポイントなど脱毛経過写真と一緒にヒゲ脱毛体験者の視点からクリニックの選び方やおすすめクリニック、その他ヒゲ脱毛前に知っておきたいことなどをまとめました。

今少しでもヒゲ脱毛に興味を抱いている方は是非参考にしてみてください。

ヒゲ脱毛は濃いヒゲや青いヒゲを解消するだけでなく、毎日(毎朝)の髭剃りのわずらわしさや肌荒れの解消、肌年齢が若くなる(アンチエイジング)などやってみる(知ってみる)とわかるメリットは非常に多いです。

手放しでおすすめできるほどおすすめしたいメンズケアなのでちょっと興味がある程度の人が「俺もやりたい!」そう思ってくれたら運営者冥利に尽きます。

ヒゲ脱毛で得られた効果

現在進行形で追加中!ヒゲ脱毛で感じたメリットとデメリット

メリット デメリット
髭剃りが楽になった
肌荒れが減った
脱毛直後は剃りにくい
施術が痛い

髭剃りが楽になった

施術前と比べるとヒゲが減ったのか、ヒゲの伸びが緩やかになったのか、髭剃り一回にかかる時間が短縮しています。1~2回目の施術では感じられなかったことですが、3回目以降は結構楽になっています。ただ、現時点(3回目の時点)ではまだ毎日の髭剃りは必要です。髭剃りは必要だけど髭剃りにかかる時間が短縮できています。

肌荒れが減った

電気シェーバーを使って髭剃りをしていますが、髭剃りにかかる時間が減ったこともあり、それに伴う肌荒れが軽減されるようになっています。脱毛すると毛穴が閉じて肌が引き締ると言いますが、まだそこまでの効果は体感できていないので今後に期待です。

脱毛直後はヒゲが剃りにくい&痛い

施術直後1週間程度の間は毎回ヒゲが剃りにくくなります。1週間を過ぎる頃に施術前のような剃りやすさに戻りますが、毎回ヒゲが剃りにくくなるのが不便です。脱毛が進み、ヒゲが少なくなれば気にならなくなるのかな?その点に期待です。

また、髭剃り直後、特に施術後1~2日後は肌深層にダメージが残っているせいか、髭剃り時にシェーバーを当てるとちょっと痛いです。耐えられない痛みではないものの、ヒリヒリとした痛みがあって髭剃りが億劫です。この施術直後の髭剃りに伴うわずらわしさはヒゲ脱毛の一時的なデメリットになると思います。

意外とどうってことなかったこと

ヒゲ脱毛は脱毛後いわゆる泥棒ヒゲの状態になる可能性がありますが、この泥棒ヒゲ問題は思っていた以上にどうってことなかったです。現時点でメディオスターによる施術しか受けていないということもありますが、メディオスターによるヒゲ脱毛後の泥棒ヒゲは気にする必要はまったくありませんでした。周りに指摘されることもなかったですし、自分でも変化がわからないほど気になりませんでした。


これはあくまでも個人的な評価も含まれており、人によってはメリットがデメリットに、デメリットがメリットに感じる部分もあるかもしれません。しかし、ヒゲ脱毛を実際に受けてみた私たちとしてはメリデメはこんな感じです。

1~2回目の施術は脱毛の効果が感じにくいこともあり、デメリットに感じる部分が大きいかもしれませんが、回数を重ねるごとにデメリットはなくなり、メリットだらけになっていく印象です。

一般的に言うところのメリット・デメリットは「ヒゲ脱毛のメリットとデメリットを比較」でまとめてありますので参考にしてみてください。

2人の体験談まとめ

経験に基づくヒゲ脱毛前に知っておくこと

本当にダメなところがなく、めちゃくちゃおすすめの脱毛ですが、施術前に知っておくことや考えておくことでスムーズに施術を受けられるようになることはあります。また、選ぶ脱毛方法(脱毛器)などによっても効果の現れ方が大きく異なるのでその点の理解は事前に深めておいた方がカウンセリングや施術に行ったときに話の理解もしやすくなるはずです。

実際に「メディオスター」と「YAGレーザー」による脱毛器の違いを体験しています。

この脱毛機による違いも結構大きく、(現状)個人的には「メディオスター」がおすすめです。

ヒゲ脱毛は痛い

ヒゲ脱毛を受けるに当たって一番心配に思うことが多いのは「痛み」についてだと思います。この痛みについては経験者としても表現するのが難しいです。というのも私の痛みとあなたの痛みは感じ方が異なります。

この痛みに対する耐性は人によって異なるので私の痛いがあなたの痛いだとは限りません。ただ、私たち2人が受けて思うのは「やっぱり痛い」です。

痛いは痛いけど我慢できないほどの痛みではないということですが、言葉では伝わりづらいと思います。ただ、クリニックでヒゲ脱毛を受ける場合は、クリニックは医療機関にあたるため、麻酔を使うことも可能です。

あまりに痛みが強く感じる場合は追加料金にはなりますが、麻酔を使えるのもクリニックでヒゲ脱毛を受ける一つのメリットと言えるでしょう。
痛みの少ないエステでの脱毛はそもそも麻酔の必要がありませんが(麻酔は利用できませんが)、それだけ出力が弱く、効果が感じにくいという点は理解しておく必要があります

やってみるとあっけない

初めてヒゲ脱毛を受けた感想としては、思ったより痛くないし「え?もう終わり?」そんな感じです。施術時間が短いこともありますが、本当にあっという間に終わり、これで効果はあるのか?と最初は不安に思うかもしれませんが、徐々に回数を重ねるごとに効果は見えてきます。

ヒゲ脱毛を受けるか受けないかで悩んでいる人も、一度受けてみると対して悩むことではなかったかも。と思うかもしれません。

ツルツルか残すかを迷う

友人Tははじめからツルツルを予定していたのでまったく迷っていなかったようですが、管理人Aは悩みに悩んで、決めかねた状態でカウンセリングを受けています。

ヒゲ脱毛(医療レーザー脱毛)は永久脱毛なので施術した毛は基本的には生えてきません。
なのでヒゲを生やしている人や今後生やしたいと思っている人は悩むポイントになると思います。ただ、ツルツルにしないまでも回数を行うことで見た目の変化はあまりなくとも髭剃り自体を簡単にしたり、伸ばさないだろう箇所だけをデザイン的に脱毛することもできるのでその点はヒゲ脱毛のメリットになります。

ヒゲ脱毛クリニックの選び方

ヒゲ脱毛経験者としてヒゲ脱毛クリニックの選び方、自分たちがクリニックを選ぶ時に重視したことや重視すると良いと思う点をまとめました。

イマイチ違いがわからずにクリニック選びで迷っている方は参考にして下さい。

  1. 通いやすい
  2. 費用とプラン
  3. 脱毛器
  4. 信用(大手)
  5. 男性専用
  6. 行ってみると違いがわかる

1.通いやすいクリニック

ヒゲ脱毛は1度の施術で終わるものではありません。仕上がりは個々人で違うと思いますが、薄くする場合でも5回程度、ツルツルを目指すなら10回以上の通院が必要になります。施術の間隔が2ヶ月程度と考えても1~2年通うことになります。今住んでいる地域から通える&通いやすいクリニックを選ぶことは続ける上で大切です。

また、引っ越しや転勤の可能性のある方の場合は系列のクリニックで受けられるかは確認しておくとよいです。

2.予算に見合った費用・プラン

近年は「ヒゲ脱毛」単体の価格を見るとそれほど大きな価格差はありませんが、数万円前後の価格差はあるのでどこまで費用にシビアになるかで選ぶクリニックは変わってきます。仮に2年間通うことを考えた場合2万円という価格差は月々1000円弱の違いでしかありません。もちろん安いに越したことはないですが、長い目で見るとあまり大きな金額差にならないこともあるので費用よりもプランなどを重視し選ぶのが大切です。

3.使用する脱毛器

現在のヒゲ脱毛は大きく従来機と最新機があり、最新のヒゲ脱毛器メディオスターは痛くない脱毛と言われています。ヒゲ脱毛で一番不安に思うのが「痛み」だと思いますが、これはクリニックというより、脱毛機の違いで起こっています。脱毛機により作用機序が違ったり、施術後の効果の現れ方に変化が生まれます。希望する脱毛機が使えるクリニックなのか、ここも重要な検討項目になります。

4.信用(大手)

希望するレベル(仕上がり)にもよりますが、長年通うことになるのでその期間内閉院しないような大手クリニックを選ぶのは大切な点かもしれません。また、大手クリニックは施術数も多く、症例数も多いです。多くの方が受けているクリニックというのは患者の私たちからすると安心できるポイントになると思います。

5.男性専用

私たち二人に言えることですが、あまり女性がいるとか気にしていませんでしたが、男女兼用のクリニックと男性専用のクリニックでは比較すると男性専用のクリニックの方が居心地が良いです。あくまでも美容に関する治療なのでやはりまだまだ女性のイメージが強いかもしれません。その点女性の目が気にならない男性専門院は男性にとっては通いやすいクリニックです。

6.行ってみると違いがわかる

このようにヒゲ脱毛クリニックの選び方として5つのポイントを紹介しましたが、どこを重視するのかでも選ぶクリニックは変わってきます。こういった比較検討項目の中であなたなりの優先順位を作って、それにピッタリ当てはまるクリニックで施術を受けるのが失敗しない、納得できるクリニック選びに繋がるはずです。

最終的には複数のクリニックを比べてみると気にしていなかった面でも違いがわかります。時間に余裕のある方やしっかりと選びたい人は複数院のカウンセリングを受けてみるのもおすすめです。何にしてもネットの情報だけでなく、自分の足でクリニックに足を運び、目と耳でしっかり確かめてみることをおすすめします。その前段階のクリニックの選定として選び方を参考にしてください。

この失敗しないためのヒゲ脱毛クリニックの選び方に至った私たちが実際にヒゲ脱毛クリニックを選んだ時の選び方と通い始めてからここが重要だと思った点をまとめた「ヒゲ脱毛クリニックの選び方」でもヒゲ脱毛クリニックの選び方をより詳細にまとめているのでチェックしてみてください。

おすすめクリニックの紹介

選び方や店舗数、費用やプラン、使える脱毛器、その他知っておくとよいポイントをまとめ、大手ヒゲ脱毛クリニックのおすすめランキングを作成しました。上の選び方と一緒にクリニック選びの参考としておすすめします。

1位ゴリラクリニック

ゴリラクリニックは男性専門の脱毛クリニックとして全国8院を展開する大手メンズ脱毛クリニックです。「ヒゲ脱毛」をメインに考えた時におすすめのクリニックです。ヒゲ以外にもVOを含む全身の脱毛が選択可能なのはヒゲを含む脱毛に興味がある人におすすめです。男性クリニックということもあり、院内は居心地がよいです。また、多くの芸能人が脱毛施術を行うクリニックでもあります。無制限プランで都度好きな脱毛器を選べるのもポイントです。

こんな人におすすめ
色々な脱毛器で施術が受けたい、試したい
女性の目が気になる

2位湘南美容外科クリニック

店舗数は業界No.1クラスを誇り、テレビCMでも一度は目にしたことがある人も多い大手有名美容クリニックです。男性専門院もありますが、多くのクリニックで男女兼用です。脱毛以外にも美容施術の内容が充実しており、メンズ美容に興味がある人にはその実績から言ってもおすすめできます。ヒゲ脱毛の面で言えば、4年間無制限はアレキサンドライトレーザー器しか使えないので注意してください。

こんな人におすすめ
少しでも費用を抑えたい
脱毛以外にも美容施術も受けたい

ヒゲ脱毛の基礎知識

専用の脱毛器から照射されるレーザーや光は毛根のメラニン色素(黒い色素)にのみ反応し、毛穴の奥にある発毛組織(毛母細胞)を熱で破壊し、毛を生えなく(生えにくく)する施術です。毛の再生の要となる毛母細胞を破壊することで毛が生えてこなくなったり、一度の施術で生えなくなるまでにはいかなくても毛がダメージを受けることで細毛化します。

また、毛母細胞を破壊すると言いましたが近年は新しい脱毛器も誕生しており、使用する光源や光の波長に違いがあり、脱毛のプロセスやそもそもの作用機序が異なります。

主に前述した毛母細胞を破壊する医療レーザーは高温のレーザーを照射し、1ショットで毛母細胞を破壊しますが、近年誕生した最新の脱毛器では蓄熱式と呼ばれ、60度ほどのレーザーを6ショット程度照射し、毛母細胞を作るバジル領域を破壊する脱毛方法もあります。

毛を育てる役割を持つ毛母細胞を作る組織を破壊するため、こちらの脱毛器も永久脱毛の効果が得られます。また、蓄熱式のため、痛みも低く、施術後の肌トラブルも少なくなると言われています。

ヒゲが抜け落ちるまでの期間

レーザー照射後にヒゲが抜け落ちるまでの期間は使用する脱毛器によって異なります。従来機であれば、施術後レーザーを当てたヒゲは1週間~10日ほどで抜け始めますが、最新の脱毛器でもある「メディオスター」では3週間頃から抜け始める場合が多いです。

これは脱毛機の作用機序が違うためもあり、脱毛に対するアプローチが異なるため、作用が違います。ただし、長い目(1ヶ月や2ヶ月)というスパンで見ると照射したヒゲは抜け落ちるため、長い目で見た時の効果は基本的に変わりがありません。

施術後すぐに抜けるか、時間が経ってから抜けるかは使う脱毛機によって違います。

回数はどれくらい必要?

詳しくは後述していますが、医療レーザー脱毛によるヒゲの脱毛は一回当たりの脱毛効果は5%~15%程度と言われています。そのため、最短で100÷15の7回ほどで完全に脱毛ができることになりますが、基本的にそんなことはなく、だいたいツルツルにするのでも10回以上の施術が必要になるのが一般的です。

仮に今、濃いひげに悩んでいるのであれば5回程度施術を行うことで理論値としては50%程度のヒゲの脱毛が可能なため、今よりも随分薄くできます。このようにあなたが希望する完成図によって施術回数は変わるので厳密に何回ということはできず、人によって異なります。

脱毛一回当たりの効果である5%~15%を参考に希望の状態にするには何回くらいが必要かを考えたり、カウンセリング時に看護師や医師に相談してみると良いでしょう。

注意点、デメリット(副作用)

ヒゲ脱毛などの医療レーザー脱毛は医療行為であり、施術に伴う、副作用やトラブルなど一定のリスクは存在します。施術後の肌トラブルは個人差があるものの、以下のような副作用が現れるケースがあります。

  • 赤み・炎症
  • 毛嚢炎・ニキビ
  • 火傷
  • 腫れ・内出血
  • かゆみ
  • 色素沈着

この辺りの施術による副作用の話はカウンセリング時・診察時に必ず医師、または看護師から説明があるので気になる人はその際に詳しく聞いておきましょう。

クリニックは医療機関なのでこういったトラブルを抑える薬を処方してくれたり、万が一トラブルに見舞われた場合は対処してくれます。

人によっては副作用が酷く現れる場合もあります。もし、施術後に肌がトラブルに見舞われるようなことがあれば施術を受けたクリニックに素早く相談するようにしましょう。

こういったトラブルが起きた時、または未然に防ぐ方法については「ヒゲ脱毛で起こる可能性のあるトラブル・副作用一覧と対策方法」で詳しく解説していますのでチェックしてみてください。

知っておくといいこと・決めておくといいこと

決めておくと良いこと

ヒゲ脱毛を行うに当たり、事前にヒゲを「どうしたいのか」をある程度でも決めておくとスムーズにカウンセリングや施術を受けることができるようになります。

もちろん、管理人の私のように決めきれずにカウンセリングに行くのもいいんですけどね。ただ、ある程度でも決められないと決めるまでヒゲ脱毛が先送りになるので決められない場合はとりあえずカウンセリングに足を運んでみるのも大事だと思います。やってみれば「こんなもんか」がヒゲ脱毛の感想だったりするので。詳細に決めているほど、どうしたいのかが明確なほど話はしやすいと思います。

目的を明確にしておく(ゴールを描いておく)

医療機関での医療レーザー脱毛は「永久脱毛」ということもあり、一度施術を施したヒゲは基本的に二度と生えてこなくなります。「完全にツルツルにしたいのか」それとも「髭剃りが楽になる程度に薄くしたいのか」、「青髭が解消したいのか」など今のヒゲの状態からどのレベルまでなくすのをゴールにするのかをある程度でも考えておくのがおすすめです。

希望とするレベルによって施術回数は変わるので選ぶコースも変わってきます。4年間無制限は何も考えずに始めるには適していますが、無駄な費用をかけたくないのであればしっかり考えてみるのも良いでしょう。

必要な施術回数については「ヒゲ脱毛の基礎知識」の「回数はどれくらい必要?」でも参考回数の考え方を紹介しているので参考にしてください。

脱毛したい範囲を決めておく

ツルツルにしたいのか、薄くしたいのか以外にもどの範囲を脱毛したいのかを考えておくことも見積もりを出してもらったり、実際になくすまでにかかる回数の見積もりを出してもらうのにも大切です。

ヒゲ脱毛と言えば、基本的には「鼻下・口下・アゴ」に当たりますが、顔の脱毛と考えた場合には頬やもみあげ、首の脱毛をやりたくなるものです。特に頬やもみあげ、首は日本人では伸ばしている人も少なく、何より似合わない人も多く、一般的に言うムダ毛です。

やりたいのはヒゲ脱毛でもヒゲ周辺のムダ毛をどうしたいのかも考えておくのはおすすめです。

意外とヒゲ脱毛と一緒にヒゲ以外の脱毛をする人も多い

管理人の私もそうですが、ヒゲ脱毛後に胸の脱毛も追加しています。さらに言えば今は美容関係の施術を一緒に受けたいと思っています。

こうやってヒゲ脱毛以外の脱毛や美容も受けたいとなるとそれに対応したクリニックを選ぶ必要もありますし、選ぶクリニックにも違いが出てくる可能性があります。どうせヒゲの脱毛をするなら一緒に他の部位も施術をしてしまおうと私は思いましたし、実際に施術を進めたり、カウンセリングで話を聞いていると脱毛をしたくなってくるものなので(実際に一緒にやる方も多いと看護師の方は言っていました)気になっている部位があればそれも薄らと検討しておくのはおすすめです。

知っておくと良いこと

ヒゲ脱毛を経験してみて、事前に知っておくと良いと思ったことをまとめました。これを知った上で脱毛を受けたり、カウンセリングに出向くと話の内容も理解しやすくなると思います。

クリニックとエステはまったくの別物

クリニックとエステを混同してしまう方も多いですが、この二つはまったくの別物です。クリニックは医療機関、エステは○○です。

このクリニックとエステの違いは使用する脱毛機や施術内容にも影響が出ます。クリニックは医療機関なので出力の高い(効果の強い)レーザー脱毛器を使えますが、エステは医療許可が下りていないため出力の弱い(効果の低い)脱毛器しか使えません。また、出力が上がると痛みが増す分エステの方が痛みは少ないですが、効果は低いです。痛みは強いけど効果が強いクリニックでの施術は医療行為である麻酔の使用が可能なため、痛みを軽減することは可能です。ただし、麻酔は別途料金がかかるのでその点で治療費は高くなる傾向があります。

ヒゲ脱毛の一回あたりの効果は5~15%

ヒゲ脱毛は希望するレベルにもよりますが長いと数年の通院が必要になります。というのもヒゲ脱毛の一回の施術で効果が得られる(脱毛効果が得られる)のは全体の5~15%程度です。そのため、ツルツルを想定した場合、長い場合だと100÷5=20回の施術が必要になるということです。この一回当たりの施術の効果は5~15%といのがヒゲ脱毛に時間がかかる理由でもあります。(最新の脱毛器も従来機もこのパーセンテージは変わりません)

男性専門院はやっぱり比べると通いやすい

これは比べてみないとわかりにくいことですが、男女兼用のクリニックと男性専門院は比較するとやっぱり男性専門院の方が気持ちがラクです。もちろん人にもよりますが、メンズ美容が流行っている昨今であってもやっぱり美容は女性のイメージが強い分、男性のアウェー感はあります。時間帯や日によっては自分以外周りは全員女性ということもありますからね。その点で男性専門院は男性しかいないので同じ美容に気を使う者同士、というより男性同士なので気が楽です。周りの目は一切気になりません。

ヒゲ脱毛はやっぱり痛い

痛みの感じ方は人それぞれなので「痛い」「痛くない」の基準は難しいですが、やっぱり痛いは痛いと思います。個人差があったり痛みは麻酔でなくすこともできますが、痛みを伴う施術であることは認識しておいた方がいいです。基本的に初回は軽めでスタートするので麻酔なしで初めて必要であれば途中から麻酔を使うようにした方が良いでしょう。麻酔は安全ではありますが、使わないにこしたことはないですからね。

脱毛器によって効果の現れ方は結構違う

現在のヒゲ脱毛で使われるヒゲ脱毛機には大きく二種類のものがあり、従来機(アレキサンドライトレーザー・YAGレーザー)と最新機(メディオスター)があります。

この二つは同じヒゲ脱毛に使われる脱毛機ですがその作用機序がまったく異なります。作用機序が異なるため、ヒゲに対する効果の現れ方にも違いがあります。従来機は施術後すぐ抜け落ちるのに対してメディオスターは毛周期を周った上で生えなくなるという性質の違いがあります。また、痛みにも違いがありますし、施術内容にも詳細な面での違いがあります。副作用にも違いがあり、使いどころも検討することができます。脱毛器はクリニックによって使用できるもの(設置しているもの)に違いがあるので希望する脱毛機が使えるかどうかは事前に知っておく必要があります。また、脱毛器を自由に選べるところは両方試した上でも決められるのでおすすめです。

保険適用外の自由診療

残念ながらヒゲ脱毛はほとんどの場合で健康保険が適用されず、自費負担となります。クリニックで行う医療レーザー脱毛は医療行為ではありますが健康に被害を及ぼす病気の治療としては認められておらず、あくまでも美容施術の一環となります。皮膚疾患の治療など特殊な例を除いては単にヒゲを薄くしたい、青髭をなくしたいという理由では健康保険は適用外となります。そのため、価格も各クリニックが自由に設定できるのでマチマチです。少しでも安く受けたい方は事前に情報を集めることも大切です。

ヒゲ脱毛後の対策(バレ対策)

事前に知っておくといいこととは別に知っておくべき施術後の症状や症状を抑える対策をまとめました。症状を抑えることは結果ヒゲ脱毛のばれ対策にも繋がるので施術後の見た暮れを心配している方は読んでおきましょう。

副作用が現れた時のばれ対策

  • 休みを多めにとる
  • 副作用が出た場合はマスクやファンデーションなどで隠す

ばれにくくするには

  • メディオスターを使う

こういったばれ対策やそもそもの副作用を軽減しやすい脱毛器を使うことでヒゲ脱毛後の施術に伴う副作用を軽減することができます。

より詳細なヒゲ脱毛のばれ対策としては「ヒゲ脱毛のばれ対策」で詳しくまとめていますのでそちらを読んでみてください。

ばれ対策って必要?

ヒゲ脱毛は比較的周りにばれにくく、人知れず受けることが可能な脱毛です。実際に私たちが受けてみても施術の副作用は小さく、自分から話さない限りばれることはないように感じていますが、それでも絶対にばれたくないという人はいると思います。そんな方はばれ対策を講じてみるのもおすすめです。

ただ、副作用が出やすい人というのもありますのでその点は日常生活を振り返って思い当たる部分がないか、またはカウンセリング時に相談してみるようにすると良いでしょう。

ばれを気にする方は必要以上に周りの目を気にしすぎている場合もあるのでそういった意味では男性専門院の方が通いやすいと感じるかもしれないので男性専門院はおすすめです。

慎重に考えたい人に読んで欲しいコンテンツ一覧

ヒゲ脱毛は受けてみれば「こんなもんか」というくらいあっさりした施術ですが、脱毛にかかる費用は高額ですし、一度受けたら永久脱毛であることからもわかるようにその後ヒゲは生えてきません。その点で慎重になる方もいますし、不安な場合や迷っている場合はしっかり考えを整理してから受けたり、知識を高めてみるのも良いと思います。

慎重に考えたい方は以下のコンテンツも読んでみてください。ヒゲ脱毛に関して知識を増やせば考え方も整理できると思います。

ただ、このサイトを読んでいるということは少なくとも「ヒゲ脱毛に興味がある」人が多いと思います。濃いヒゲを薄くしたい、完全にツルツルにしたい、青髭を解消したい、人それぞれに目的は異なると思いますが、ヒゲの悩みを軽減できるのがヒゲ脱毛なので一度クリニックのカウンセリングを受けてみるのもおすすめです。

あまり知識はなくともクリニックでカウンセリングを受ければ聞きたいことは聞けますし、何より素早い悩み解決にも繋がります。ヒゲ脱毛は時間のかかる施術なので早め早めの行動は結構大切だと思います。悩んで半年とか1年経過し、その後施術をした場合、その悩んだ時間があればヒゲの悩みはきっと解決できますので。

ヒゲ脱毛を迷っている方におすすめのコンテンツ

随時追加中